HOME>トピックス>子宮頸がんにも使われるNK細胞治療法の特徴やメリット

子宮頸がんにも使われるNK細胞治療法の特徴やメリット

女医

NK細胞治療法とは

子宮頸がんなどのがん治療に大きな効果を発揮するとされている治療法としてNK細胞治療法があります。この治療では患者さんの血液を採取してそこに含まれるNK細胞を約2週間無菌状態で刺激して培養します。するとNK細胞は数億から数十億という数に増殖していきます。そこNK細胞を生理食塩水に溶かして、静脈から戻すのがNK細胞治療法の大まかな流れです。NK細胞は全身を移動しながらがん細胞やウイルス感染細胞などに攻撃を行う働きを持っています。この細胞を大量に増やしてから体の中へと戻すことで体の免疫を大幅に向上させることができます。NK細胞は子供の時の方が体内に多く存在することがわかっており、それが減少することでがんにかかる率が高まると考えられています。

女の人

NK細胞治療法のメリット

NK細胞治療法の大きなメリットとして挙げられるのが一定よりも小さいがん細胞であればかなりの効果が得られるということです。例えば、抗がん剤でがん細胞を弱らせたとしてもそれで完治とはなりませんが、NK細胞治療法ではがん細胞に決定的なダメージを与えることが期待できます。また、副作用の少なさも大きな特徴です。細胞が活性化することで発熱や倦怠感などの副作用が起こりますが、これはがん治療で発生する副作用としては小さな部類に入ります。そのため、負担も少なく受けられます。現在ではNK細胞治療法で大きな腫瘍を解消するということまではできないので、場合によっては他の療法と併用することも考えられます。いずれにしても子宮頸がんなどで苦しんでいる方にとっては大きな利点のある治療法と言えます。